本文へ移動

沿 革

昭和21年初代:米田直義が松山市旭町40に米田青果店を創業
昭和47年
有限会社米田青果に組織変更(資本金100万円)
松山市堀江町925に青果物撰果場および食品加工場を設立
昭和58年国産栗・缶詰、びん、袋詰製造開始
昭和60年
米田青果食品株式会社に組織変更。(資本金2000万円)
新社屋・工場を松山市堀江町200-1に建設。本店も同所へ移転
平成1年
松山市堀江町669-1に常温倉庫を新設
韓国産栗・缶詰、びん、袋詰製造開始
平成3年国産生むき栗・製造開始
平成4年米田俊二 代表取締役社長に就任
平成11年国産栗ペースト製造開始
平成15年
松山市堀江町211-1に第二工場新設
本社・会議室新設
平成18年同所にレトルト殺菌装置導入
平成21年松山市堀江町214-1に第二倉庫・冷凍庫新設
平成24年第二工場増設
平成25年チルド工場改築
平成27年本社工場改装
平成28年第二工場ペースト新ライン導入
TOPへ戻る